ULYSSES DESIGN  STUDIO 

CINDERELLA(シンデレラ)

ユリシス・デザインスタジオ「シンデレラ」の設立にあたって

私たちユリシスの想いはただ一つ。

「創・作」する人の為に最高の品質、システムを提供していく事

 

ユリシスは2012年7月にまず3Dボディジュエルという今までに無い発想のアイテムを提案するために特殊シートを開発しました。

2013年12月25日(キリスト誕生の日)には究極と言える最高品質のユリシスシートの開発に成功。

 

そして2014年5月正式に公開。これにより3Dボディジュエルでは皆様に最高の品質を提供できるようになりました。またデザイン面では自社内にレーザーシステムとデザインデータセンターを保有し、どこも真似のできないスピードとデザイン数を備えたシステムを構築しました。

 

そしてユリシスは3Dボディジュエルに続いてユリシス・ドンネ・デコを2014年5月スタートしました。ここでも現在皆様の創作活動に十分対応できていないアクセサリーベースの提供システムの構築を目指しました。

 

スタート当初に用意した63型は、そのテスト的位置づけのものです。決してゴールではありません。

 

ジュエリーデザイナーは皆様です。

 

3Dボディジュエルも特殊粘土によるアクセサリー製作もユリシスにとっては同じ「創・作」の一つです。その創作にとって最も重要な事は皆さんが創造した物を直ぐに形にできるかどうか。合理的なコストで提供できるかどうか。それらの活動が継続的にできるかどうかです。

 

この部分の答えを追求していく事が実は創作に関係する会社、本部、協会と言われる所の使命なのです。

むしろ、この応えなくして会社、本部、協会が存在する意味はないと考えます。

ましてや「創・作」する方の活動を過剰に制限、阻害する事等論外です。

 

3Dボディジュエルで培ってきたデザインシステムに新たに立体造形デザインシステムを兼ね備えた

ユリシスデザインスタジオ「シンデレラ」の本領発揮はまさにこれからです。

 

すでに「シンデレラ」のパワーを活用した第2、第3のブランドの企画も待機しています。

一日でも早く次のステージに進化していくためにも「シンデレラ」を皆さんの共有の財産として活用いただき沢山の創作仲間を増やしていきましょう。

 

そしてユリシスのこれからの展開を ご一緒に楽しんでいきましょう!

 

 

ユリシスの存在意義は《「創・作」する人の為に最高の品質、システムを提供していく事。》

この理念を持って活動してまいります。

 

その象徴が「シンデレラ」です。

 

 

                             株式会社ユリシス

                             代表  瀧谷 啓吾

 

 

 

 

 

 

 

2020 ULYSSES  DONNE DECO